ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話のあらすじ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

(作者:小桜クマネコ・チンジャオ娘)

 

雪の降る夜に保護したガリガリ娘のナナ。

 

親に虐待されていた彼女の願いで、家に置いて上げることになった。

 

男の留守中は家の家事を手伝い、帰宅後はエッチなご奉仕として一緒にお風呂に入ってきて―。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話のネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

第3話 温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして3話のネタバレです。

 

翌日、ナナに朝食を作って上げると美味しいと言って食べてくれた。

 

帰宅までに今後のことをどうするか考えといてと伝えると、しばらくこの家に置いといて欲しいと言われた。

 

警察に行くのも家に帰るのも嫌だと言う彼女の願いを了承して、仕事に出掛ける。

 

ナナを一人にしてたら、家の物が盗まれて出て行かれる可能性もあったが覚悟の上だった。

 

しかし、帰宅するとそのような事はなく、約束通りに家事を代わりにやってくれていた。

 

お風呂に入ろうとすると、彼女も全裸になって一緒に入ってきた。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

「本当はやらせるつもりだったんですよね」と言いながら、男の体まで代わりに洗ってくれる。

 

「こことかもよく洗わないと…」と言いながら、ちんこに触れてくる。

 

「あなたまた立ってきてる出したいんですか?」

 

と言うなり、指先で亀頭を刺激し始めた。

 

「どういう感じで出したいですか?言って下さい何でもしますので」

 

返事に迷っていると、「さっさと出しますよ…」と言われて、乳首を爪でカリカリ弄られながら激しく手コキをされてイってしまった。

 

しかし、まだ触ったら立ちそうな感じだと、今度は立つように促される。

 

背面騎乗位に体勢になったナナが、

 

「入れますので…」

 

と声を掛けて中に挿入し、自らゆさゆさと腰を振る。

 

「いつ出すんですか?」

 

「え…いつ…?じゃあ今…っ」

 

「じゃあ強くしますね…」

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話の感想

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましての3話の感想。

 

3話は、ガリガリ娘なナナとのお風呂H回です!

 

まだ警戒心が強く、主人公の裏の心を読みながら行為に及ぶので、手コキやSEXシーンに仕事のような義務感がありますね。

 

長年父から犯されてただけに、やたらセックス慣れしていて。そのような家庭環境なので、全体的に冷めた感じの子って印象を受けました。

 

しかし、お風呂で中出しSEXした後にシャンプーしてくれる主人公の行為を受け入れてる時の表情は、少し照れ臭そうで可愛かったです。

 

ヒロインの性格や態度的な問題もあるかと思いますが、セックスシーンが結構せかせかと終わってしまう感じがするので、もっとじっくり見たいなと思いました。

 

これは、ガリガリ娘がちょっとずつ男に懐いていく過程を楽しむ作品なのかもしれません。

 

次回予告のナナがふっくらした巨乳に育っていたので、次の4話が楽しみです!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

▼ここから無料試し読み▼

page top