ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 2話のあらすじ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

(作者:小桜クマネコ・チンジャオ娘)

 

ガリガリ娘を保護してパスタを食べさせてあげたお礼にSEXしてくれる流れになった。

 

痩せていながらも腰幅はしっかりあるお尻を突き出して、挿入を求めてくる。

 

主人公の石川は、バックの体勢でナナとセックスを始める…。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 2話のネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

第2話 触れれば壊れそうな身体と穴で男の欲望を受け止める少女

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして2話のネタバレです。

 

四つん這いになったナナは、自分からお尻を突き出してきた。

 

自称18歳の年齢が半信半疑だったが、痩せていても腰幅がある体型を見ると、本人が言うように大人の体のようだ。

 

「いいですよ入れて」

 

と言われて、ゆっくりとバックから挿入。ナナに奥まで入れるよう促されて、本格的に腰を振る。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

「んっ んふっ」

 

「別にもっと早くしていいですから」

 

そう言われて、石川は激しく前後に出し入れを繰り返すと、ナナは小さく喘ぎ声を漏らす。

 

「きっ…気持ちいい…っ!あ…っ 出そう中に…っ」

 

早くもイキそうになると、

 

「そのまま中に出していいですから」

 

とナナが言い出した。

 

一瞬、中出ししていいのか迷ったものの、我慢しきれなくなってそのままイってしまった。

 

「あ…っ!!」

 

びゅるるるっ

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

ガリガリ娘の中にザーメンが注ぎ込まれていく。

 

「ん…」

 

ナナの体が小さくビクンと震える。一緒にイったようだった。

 

膣内から肉棒を抜き出すと、まだ元気そうなちんこを見た少女が満足できなかったのかと不満げな表情で漏らした。

 

ものすごく気持ち良かったと伝えても、納得してくれず、

 

「…でもまだ出し足りないんでしょ」

 

「姿勢変えるからそれでやってください」

 

と言って、仰向けになり、男に向かってパックリと股を開いて―。

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 2話の感想

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましての2話です!

 

2話は、ナナとのSEXが始まります。

 

痩せているから年齢が分かりにくいヒロインですが、腰つきから本当に18歳のようですね。

 

ずっと父から性的虐待を受けていたので、セックス慣れしているようです。

 

感じてはいるようですが反応が淡泊なので、何かと好き嫌いが分かれそうなヒロインだなって印象を受けました。

 

しかし、命令口調で主導権を握る強気な態度は、Mっ気のある男にはそそられるものがあるのかもしれませんw

 

主人公自身もナナのことを感じの良くない子と内心思っていますが、それは彼女の家庭環境がそうさせたものであり。
彼女に希望をもたせれば明るい子になると考えてるようです。

 

心の底からナナの事を心配している主人公と接してるうちに、ヒロインの態度も軟化してデレていく展開になりそうですね。

 

もうちょっと可愛げのあるヒロインの方が好みなので、デレ展開に期待です!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

▼ここから無料試し読み▼

トップへ戻る